ウェブサイト倫理規程 | 水戸ライオンズクラブ オフィシャルウェブサイト

ウェブサイト倫理規程

 


本サイトは水戸ライオンズクラブウェブサイトであり、開設主体は水戸ライオンズクラブIT委員会である。制作・維持管理、及び更新はIT委員会が実施している。

 

1.ウェブサイトの開設目的
  1. ライオンズクラブ会員に対して、迅速な情報の伝達と収集を提供し、有効な情報の共有化によりライオンズクラブの活性化に寄与する。
  2. ウェブサイトによる一般社会・市民向けPR情報(広報活動)を強化することにより、一般社会や地域住民にライオニズムの理解と普及を推進する。
  3. 水戸ライオンズクラブウェブサイトを開設することにより、ライオンズ国際協会が提唱しているIT化計画を推進し、IT化によるクラブ運営の合理化、省力化、そして経費削減を図る。

 

2.制作・維持管理者

担当委員会は前記の通り水戸ライオンズクラブIT委員会であり、2001~2002年度8複合地区IT委員長連絡会議により採択された下記のインターネット倫理規程を遵守して制作・維持管理する。制作・維持・更新の技術的作業はIT委員会が専門的知識を持って担当する。

 

 

インターネット倫理規程
ライオンズ Web, site倫理綱領

ライオンズクラブ名称又は紋章を用いたインターネット、ホームページやメール通信については、広く閲覧に供するための公共性・データの記録や転送、不正使用・不法通信妨害の防止などを考えて、それぞれの組織内において自主的システム管理を行わなければならない。

  1. 複合地区・準地区・クラブにおいてホームページを開設する場合は、IT委員長をWeb site管理者とする。
  2. 前項の各組織段階におけるライオンズクラブの名称または紋章の使用は、98年9月国際本部ウエブページ方針声明及び許可基準により、ライオンズクラブ国際協会の名称紋章、諸マークの使用基準を遵守する。
  3. 各組織段階ホームページの開設は、それぞれ協議会議長、地区ガバナー(リジョンやゾーンを含む)・クラブ会長などの承認のもとに開設する。
  4. 報道や画像処理は、ニュースの事実に基づいて公正に伝える。
  5. 事実に基づくとも、公然と個人や団体などの社会的名誉を損傷してはならない。
  6. プライバシーの保護に留意し、人権侵害にわたる記事や用語を掲載してはならない。
  7. 人に嫌悪感を与える記事や用語を掲載してはならない。
  8. 公序良俗に反する記事や用語を掲載してはならない。
  9. このウエブ通信ガイドラインは、各組織段階の協議会議長・地区ガバナー・会長及びそれぞれのIT委員長が管理する。

 

 

 


 

関連記事